本文へ移動

皮膚トラブル・美容

冬の日焼けに

日焼けと言えば、夏!

冬はスキーやスノボに行くけど、紫外線の量は冬だから大丈夫!

と思っている方。

 

冬のスキー場でも意外と紫外線は強いのです。

 

降り注ぐ紫外線の量自体は、当然夏が強く、冬は弱くなっています。

ですが、新雪の反射率はめちゃくちゃ高い!!天然のレフ板です。

 

一般的な紫外線の反射率

・新雪 80%

・砂浜 10~25%

・水面、海面 10~20%

・草、土 10%以下     となっています。

 

スキー場では太陽から直接受ける紫外線+雪による反射の影響で

さらに80%もの紫外線を浴びることになるのです。

 

また、スキー場などの標高が高い場所では、空気が薄く澄んでいるため、

空気中のチリが少ないので地上に届く紫外線量も必然的に増えてしまいます。

 

日焼け止めをこまめに塗りなおすことは大事ですが、それでも日焼けしてしまった後の対策がこちら。

 

瑞花露ローションとセ・サージ。

 

瑞花露ローション:保湿力と消炎力を持つ薬用保湿ローション。

      肌の保湿機構に近い構成なので、肌への親和性が高い。

      日焼け後、瑞花露ローションでコットンをひたひたにし

      赤みの強い頬やおでこ、鼻に10分程度パックする。

 

セ・サージ:抗酸化作用が強いため、酸化による肌の老化を遅らせ

      シミやしわ、たるみ、気候の変化や紫外線が原因の乾燥や

      肌荒れ、肌トラブルに。

      瑞花露ローションを塗布、パック後に

      セ・サージを顔全体に塗布。

      とくに赤みの強いところには厚めに塗布します。

 

日焼け後のケアはこれがおすすめ。

赤みが強い方は、冷やして炎症を抑えることもしてください。

乾燥肌の方

寒くなって乾燥肌が気になるこの季節。
 
肌も目も髪も乾燥してパサついて、化粧乗りも悪いし嫌になりますね。
 
乾燥が気になる方が注意した方がいいことは
 
「辛い食べ物」!!
 
とくに寒くなってくるこの時季は、
身体を温めようと 唐辛子 山椒 胡椒 生姜 などふんだんに取り入れようとしますよね。
 
しかし盲点が!!
 
それらの食材には、体を温めながら ”発散” させる作用があります。
 
食べ過ぎると身体の潤いふんが発散されてしまうため、身体が乾燥して
肌のかゆみが出たり、便秘になってしまうことがあります。
 
辛いものは控えて、身体を潤す食材を取り入れましょう。
寒いときに食べたくなるのが鍋料理。
豆乳には身体を潤す作用があるため、豆乳鍋がおすすめです。
 
手羽先や豚肉、豆腐、白菜、牡蠣などを入れ、
白ごまや松の実などを併せて食べると潤わせる食材だらけです。
 
毎日鍋というわけにもいきませんが、辛いものを控えつ
これらの食材で乾燥対策をしてみてください。
 
有限会社フジ調剤薬局
〒850-0035
長崎県長崎市元船町12番11号
TEL.095-824-0948
FAX.095-824-0949
1.調剤
2.在宅医療
3.漢方相談
4.健康相談
5.セミナー企画開催
TOPへ戻る