本文へ移動

皮膚トラブル・美容

乾燥肌の方

寒くなって乾燥肌が気になるこの季節。
 
肌も目も髪も乾燥してパサついて、化粧乗りも悪いし嫌になりますね。
 
乾燥が気になる方が注意した方がいいことは
 
「辛い食べ物」!!
 
とくに寒くなってくるこの時季は、
身体を温めようと 唐辛子 山椒 胡椒 生姜 などふんだんに取り入れようとしますよね。
 
しかし盲点が!!
 
それらの食材には、体を温めながら ”発散” させる作用があります。
 
食べ過ぎると身体の潤いふんが発散されてしまうため、身体が乾燥して
肌のかゆみが出たり、便秘になってしまうことがあります。
 
辛いものは控えて、身体を潤す食材を取り入れましょう。
寒いときに食べたくなるのが鍋料理。
豆乳には身体を潤す作用があるため、豆乳鍋がおすすめです。
 
手羽先や豚肉、豆腐、白菜、牡蠣などを入れ、
白ごまや松の実などを併せて食べると潤わせる食材だらけです。
 
毎日鍋というわけにもいきませんが、辛いものを控えつ
これらの食材で乾燥対策をしてみてください。
 

キレイな肌の決め手は「毛細血管」

人間の身体には、たくさんの血管が張り巡らされていますが
実は99%が毛細血管なのです。
お顔の表面や目じり、頬にも毛細血管がびっしり!!
 
毛細血管とは、赤血球1個分がやっと通れるほどの太さの極細血管。
これが全身に張り巡らされることで、身体の隅々まで酸素や栄養を届ける役割をしています。
 
毛細血管は真珠のネックレスのように、一つ一つの細胞がほどよくつながっており、それらがバラバラにならないように、周りを壁細胞がざっくりと支えている構造です。
 
ところが加齢や運動不足、高血糖、高コレステロールなどの影響で、支えの壁細胞がはがれてしまうと、細胞同士の接着がうまくいかずバラバラになって毛細血管は消滅してしまうこともあります。
 
毛細血管が減ると、皮膚の隅々にまで酸素や栄養が運ばれないので、新陳代謝が低下してシミやしわの原因になります。
 
…が、大丈夫!!
毛細血管は血流が良くなると細胞が再びほどよく接着して正常化するのです。
難しい話は割愛しますが、
元々ある血管から毛細血管の芽のようなものが出て、血管同士がつながって新しい毛細血管が生まれます。
 
 
手軽に始められる血流改善がウォーキング。
脚は第2の心臓というように、下半身の筋肉が手伝って心臓に血液を送り返します。とくにふくらはぎの血流量が鍵。
 
ウォーキング以外にも、普段の食生活で脂っこいものや、甘いものを控えるだけでも血流改善にはおすすめ。
 
しかしさらに効果的なものが漢方薬。
漢方薬で毛細血管の隅々まで血流を行きわたらせ、不要なものを回収することができるので、肌のくすみが無くなり透明感が出てきます。シミもだんだんと薄くなってきます。
 
漢方では体質改善とともにアンチエイジングができることが魅力の一つ。おすすめです。

美肌をつくる

有限会社フジ調剤薬局
〒850-0035
長崎県長崎市元船町12番11号
TEL.095-824-0948
FAX.095-824-0949
1.調剤
2.在宅医療
3.漢方相談
4.健康相談
5.セミナー企画開催
TOPへ戻る