本文へ移動

皮膚トラブル・美容

毛細血管が肌の若さを決める

下がり人間の身体には、たくさんの血管が張り巡らされていますが
実は99%が毛細血管。
お顔の表面や目じり、頬にも毛細血管がびっしり!!
 
毛細血管とは、赤血球1個分がやっと通れるほどの太さの極細血管。
これが全身に張り巡らされることで、身体の隅々まで酸素や栄養を届ける役割をしています。
 
ところが、血流が悪くなり、毛細血管に血流が無くなってしまうと
毛細血管はその形を保てずバラバラになって消えてしまいます。(血管のゴースト化)
 
毛細血管が無くなると、皮膚の隅々にまで酸素や栄養、潤いが運ばれず
新陳代謝が低下してシミやしわの原因に。
 
…が、大丈夫!!
毛細血管は血流が良くなると、細胞が再び芽を出すように接着し
正常化する特徴を持っています。
 
暑くなると冷たいものを摂りがちですが、それは血流を悪くする原因の一つ。
身体が冷える→血流が悪くなる→毛細血管がゴースト化→栄養が行き渡らずしみ・シワの原因に。
 
それと、普段の食生活で脂っこいものや、甘いものを控えるだけでも
血流の粘度は下がり血流の改善には役立ちます。
 
さらに効果的なものが漢方薬。
漢方薬で血流を改善し、毛細血管の隅々まで行きわたらせ、不要なものを回収します。
肌のくすみが無くなり透明感が出てきて、シミもだんだんと薄くなってきます。
肌に潤いが出てくるとハリや瑞々しさも復活。
 
肩こりがひどい・生理のときに血の塊が出る・生理痛が重い
しみが多い・唇や歯茎の色が紫   という人は血流が悪い
瘀血(おけつ)の可能性があります。
 
瘀血を改善して理想の肌になりましょう。
 
漢方では体質改善とともにアンチエイジングができることが魅力の一つ。ぜひお試しを。

キレイな肌の決め手は「毛細血管」

人間の身体には、たくさんの血管が張り巡らされていますが
実は99%が毛細血管なのです。
お顔の表面や目じり、頬にも毛細血管がびっしり!!
 
毛細血管とは、赤血球1個分がやっと通れるほどの太さの極細血管。
これが全身に張り巡らされることで、身体の隅々まで酸素や栄養を届ける役割をしています。
 
毛細血管は真珠のネックレスのように、一つ一つの細胞がほどよくつながっており、それらがバラバラにならないように、周りを壁細胞がざっくりと支えている構造です。
 
ところが加齢や運動不足、高血糖、高コレステロールなどの影響で、支えの壁細胞がはがれてしまうと、細胞同士の接着がうまくいかずバラバラになって毛細血管は消滅してしまうこともあります。
 
毛細血管が減ると、皮膚の隅々にまで酸素や栄養が運ばれないので、新陳代謝が低下してシミやしわの原因になります。
 
…が、大丈夫!!
毛細血管は血流が良くなると細胞が再びほどよく接着して正常化するのです。
難しい話は割愛しますが、
元々ある血管から毛細血管の芽のようなものが出て、血管同士がつながって新しい毛細血管が生まれます。
 
 
手軽に始められる血流改善がウォーキング。
脚は第2の心臓というように、下半身の筋肉が手伝って心臓に血液を送り返します。とくにふくらはぎの血流量が鍵。
 
ウォーキング以外にも、普段の食生活で脂っこいものや、甘いものを控えるだけでも血流改善にはおすすめ。
 
しかしさらに効果的なものが漢方薬。
漢方薬で毛細血管の隅々まで血流を行きわたらせ、不要なものを回収することができるので、肌のくすみが無くなり透明感が出てきます。シミもだんだんと薄くなってきます。
 
漢方では体質改善とともにアンチエイジングができることが魅力の一つ。おすすめです。

春の肌

春はかゆみや赤みといった皮膚のトラブルが現れやすい季節。
アトピー性皮膚炎の症状なども悪化しやすくなります。
 
これは冬から春にかけての季節の影響によるもの。
冬は空気の乾燥や、暖房などの影響で皮膚の潤いが不足しがちになります。また、寒さによって皮膚表面の毛細血管の流れも悪くなり、「血」が潤いや栄養をうまく届けれなくなるのも皮膚トラブルの原因の一つです。
 
また、春は風(ふう)の影響を受けやすく、皮膚が乾燥してバリア機能が低下してしまいます。すると、花粉などのアレルゲンの影響を受けやすくなってしまうのです。
 
その他、春になると冬の間に溜まった老廃物を出そうと新陳代謝が高まったり、気温の上昇で体にこもった熱や、環境の変化によるストレスなども春の皮膚トラブルを悪化させる原因となります。
 
 
〇ほてりや赤みが強いタイプ
 
余分な熱や、皮膚の刺激による炎症や痛みがある方は体の熱を冷ますことが大切。
辛いものやお酒、脂っこい食事は症状を悪化させます。
チョコレートやケーキ、スナック類などの菓子類も控えたほうが良いです。
 
苦瓜、レタス、トマト、スイカ、キュウリ、豆腐、緑茶など身体の余分な熱を摂ってくれる食材をうまく使いましょう。
 
 
〇じゅくじゅくするタイプ
 
身体の不要な水分が皮膚に出てきてしまっている状態。体内の水分調整をする脾胃(胃腸)の働きが低下していると湿疹が出たり、皮膚がじゅくじゅくしたりといったトラブルが発生しやすくなります。
まずは体内の不要な水分を取り除くことが大切。
 
ハト麦(茶でもOK)、どくだみ、もやし、冬瓜、あずき、緑豆春雨など身体の不要な水分を取り除いてくれる食材をうまく使いましょう。
 
 
皮膚症状がある方は、刺激の少ない「綿素材」を身につけましょう。吸湿発熱素材のものなどは皮膚の潤いを吸収して熱に変えるので、乾燥している人はより乾燥します。
体を洗うときには優しく。とくにじゅくじゅくしている人は、感染を起こさないように清潔に保ちましょう。ゴシゴシは逆効果です。

アンチエイジング食材 クコの実

最近、スーパーフードとして話題のゴジベリー、
実は漢方薬としても有名なクコの実のことなんです。(杏仁豆腐の上に乗っている赤い実)
 
この小さな実は美容と健康にさまざまな効果があるとされていて、3000年も前から貴重な漢方薬として重宝されてきました。
 
クコの実は「肝・腎を養う」「肺を潤す」といった効果があり、抗酸化作用も強いので、アンチエイジングにはぴったりの食材。
肝・腎を補う→めまい、眼精疲労、ドライアイ、風に当たると涙が出る、貧血、腰痛に。
肺を潤す→慢性的な咳に。
 
世界三大美女として知られる楊貴妃もその美しさを保つため、毎日欠かさず食べていたと伝えられています。
 
キレイな紅色のクコの実はほんのりと甘味がある味。
生の実は果実酒にしたり、ジュースが人気。
ドライフルーツは料理の彩や味のアクセントに。デザートの仕上げに添えたり、スープや鍋に入れてコトコト煮込んだりと様々な料理に活かされています。
 
抗酸化作用が強いクコの実。
日本でも手軽に購入することができるので、美と健康のために取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
1日10gを目安に毎日食べるのがおすすめです。
有限会社フジ調剤薬局
〒850-0035
長崎県長崎市元船町12番11号
TEL.095-824-0948
FAX.095-824-0949
1.調剤
2.在宅医療
3.漢方相談
4.健康相談
5.セミナー企画開催
TOPへ戻る