Home > 不妊症 > 周期調節法

周期調節法

女性の生理は個人差はあるものの28日前後の周期で巡って来るのが一般的です。
月経周期を整えることは女性の様々なトラブルを軽減する事にもつながります。
たとえば月経痛・月経不順・更年期障害・不妊などには月経周期を整えることで 対応していきます。

中医学では女性は7の倍数の年齢毎に 体の発育 成長 生殖機能などの 変化が現れそれをつかさどるのが「腎」の働きによるものだと考えています。

妊娠にも「腎」の働きが大きく作用していて「腎」が一番充実する21才~28才頃は妊娠に最も適していると考えられます。 一般的には「腎」の衰えは35才頃から始まり「腎」の働きを補う「補腎剤」が必要になってきます。

ストレス・夜更かし・ダイエット・冷えに充分注意しましょう。

月経周期のリズムを整えましょう。 月経・低温期(卵胞期)・排卵期・高温期(黄体期)各時期で方法は異なってきますし 体質・タイプに応じて使う漢方薬や養生法が変わってきます。

基礎体温表は生理リズムのバロメーター(目安)になります。
是非 基礎体温表をつけることをお進めします。
お気軽に、ご相談下さい。

Home > 不妊症 > 周期調節法

サイト内検索

Return to page top