本文へ移動

不妊

火曜・木曜 妊活相談の日

5月から週に2回、妊活相談の日を設けようと思います。
 
・自分の体質が知りたい
・自分の基礎体温がどういう状況なのか知りたい
・漢方に興味があるけど、費用や効果の面で話を聞きたい
・医師に聞きにくいことも聞いてみたい
・自分の体質に合う薬膳料理が知りたい
 
など。
 
漢方で考えられる体質や
それに合わせた食事などの提案をさせていただきます。
 
病院の治療に関しては100%お応えできるわけではありませんが
私の知る範囲で情報提供させていただきます。
 
火曜日と木曜日の15時~17時。
相談料は1000円、時間は1時間程度です。
(5/7~始めます。)
 
先着順のご案内なので、気になる方はお早めにご予約ください。
 
基礎体温や、治療中の方は検査結果などもあると
具体的なアドバイスができると思いますのでご持参ください。
 
相談員は薬剤師・国際中医師の藤村望がさせていただきます。
何か気になることがありましたら、お尋ねください。
 

妊娠しやすい体を作る

漢方での子宝相談は、漢方薬によって妊娠しやすい体を作ることです。
 
生理の状況、生活習慣(食事や睡眠時間など)、体調などのお話を聞きながら、今の体質がどうなっているかをお伝えし、体質の改善ができるような漢方薬を提案しています。
 
写真にある漢方薬など、
その方の体質に合わせた漢方薬を使うことによって
冷えの改善や、内膜を厚くしたり、卵の質を上げることで
妊娠力を高めます。
 
不妊については、原因の半分は男性にもあると言われています。
男性についても、精子の運動率を高めるなど
体質に合った漢方薬や、生活習慣を見直してもらうこともお伝えしています。
 
1つの卵子ができるまでに、180日近くかかると言われており
体の中で何度も選別を繰り返され、たった1個が排卵されます。
漢方を飲んで”体質改善”と焦る気持ちがあると思いますが、
漢方の効き目は、なかなかわかりにくいものも多いです。
しかし、生理痛が改善したり、経血の色や質が変わってきたりと
少しづつ目に見える変化が現れてきます。
 
漢方の効果は不妊症に限定した話ではなく、身体のバランスを整えることで、疲れにくい体になったり、精神的に安定したり、睡眠の質が上がったりと、様々な良い変化をもたらしてくれます。
その体質改善が、妊娠しやすい体の土台作りにつながります。
 
病院へ通院されている場合には、その治療結果がわかるもの、
女性については基礎体温表などを持ってきていただけるとより的確なカウンセリングを行うことができます。
 
カウンセリングでは、デリケートな部分まで踏み込んで聞くことはありませんのでご安心くださいね。
 
費用は人によって様々ですが、
1か月3万円程度の方が多いです。(女性のみ漢方を飲む場合)
悩んでいる方は一度ご相談にお越しください。
予算がある方は、それに合わせた提案もできますのでお伝えください。

嬉しい妊娠報告(^^)

今月に入って妊娠報告が続いています2つのハート
 
40代前半の方。過去数回の体外受精をしてこられましたが
受精はするものの、うまく着床しませんでした。
 
今度受精卵を戻すのですが、年齢のこともありできることは全部やってみたいです!!
と漢方を探してこられました。
 
気になったのは、冷えと血流の悪さ。
 
冷えをとるものと、血巡りを改善する漢方を併用して継続。
今回はうまく着床し、心拍確認後、妊娠報告に来局してくださいましたきらきら
 
 
漢方を使ったから必ず妊娠できるなんてことはありませんが
漢方を使用することで、採卵の数が増えたり、卵の質が上がったり
生理痛や冷えが改善したり、生理周期が整ったり…と体調の変化を自覚する方は多いです。
 
基礎体温表を参考にしながら、体調に合わせた漢方薬を選びますが、
病院の治療スケジュールに合わせて、漢方薬を変えたり(採卵するのか、卵を戻すのか…など)
することもあります。
 
 
1か月3~5万円ほどかかりますが(基礎疾患の有無や夫婦での使用などで金額は変わります)、
妊娠しやすい体づくりはやってみる価値はあると思います。
まずは1年間、試してみませんか?
 
相談は無料です。気になる方はお電話でご予約ください。
 

冷やさないことはなぜ大事?

冷えは万病のもと、女性は冷やすと良くない
 
というのはよく聞くこと。
ですが、実際は冷たいものを飲んだり食べたり
おしゃれは我慢と言って薄着をしている方が多いのではないでしょうか。
 
では、なぜ冷えは良くないのか。
冷たいものを摂らない方が良いのか。
 
冬の寒い日を思い浮かべてみてください。
身体は寒さに熱を奪われまいと、ぎゅっと縮こまります。
すると筋肉は固く引き締まります。
血管は一種の筋肉。
つまり、冷えによって血管が引き締まってしまうため、血流は悪くなってしまいます。
 
冷やすと血流は悪くなる。
 
中医学では 「不通則痛」…通じざれば則ち痛む と考えます。
血流が滞ってしまうと痛みが出るのです。
 
生理痛があるとき、カイロで温めると痛みが和らぐ方は
冷えによって血流が悪くなり、痛みが出ている可能性があります。
 
 
冷たいものを飲んだり食べたりするのも体を冷やす要因。
食べたもの・飲んだものはまず胃に入りますが、
胃は身体の中心にあるところ。
中心が冷えると、全体が冷えてきてしまうイメージ。わかりますよね?
胃に入ってきた冷たいものを、体温近くまで温めるために、体中の血液が胃に集まってきます。
すると末端にはあまり血液は届かなくなってしまい、末端部は冷えてしまいます。
 
末端部が冷えるのはもちろんですが、胃のすぐ下にある子宮はもっと冷えてしまいます。
子宮が冷えて血流が悪くなると、生理痛もひどくなってしまいますし、
子宮が慢性的に冷えていると、毎回生理痛があるのもうなずけます。
(冷えると筋肉の動きも硬くなるので、痛みが強く出てしまいますね。)
 
中医学では、血のめぐりが悪い状態のことを”瘀血”(おけつ)と呼んでいます。
瘀血が原因で肩こりや頭痛、子宮筋腫や子宮内膜症などさまざまな問題を体に引き起こすと考えます。
子宮内の血流が良くなかったら、妊娠できても卵にしっかり栄養を届けられないですしね!
 
瘀血にならないために、冷たいものをなるべく摂らない。薄着を控える。ミニスカートをやめる。
毎日湯船につかる。
 
冷やさないことで、血流が良い状態をキープできていることで
防げる症状はたくさんあると思います!
 
気になる方はどれか一つからでも始めてください。

基礎体温

妊活中の方は基礎体温表を付けている人も多いと思います。
 
基礎体温とは、生命を維持するためだけにエネルギーを使っている状態の体温。
つまり寝ているときの体温をいいます。
目が覚めたらそのまま動かず、布団の中で毎朝一定時間に舌の下で検温します。
 
一般に低温期は36.5℃以下、高温期は36.7℃以上の二相に分かれます。
 
基礎体温は女性ホルモンのバランスがきちんととれているかどうかを知るてがかり。
女性は月経周期によって基礎体温が変動するため、グラフも曲線を描きます。
この曲線からいろいろなことが読み取れるため、体づくりの目安にもなります。
 
 
基礎体温表で何を見ているのか
 
①低温期と高温期の体温
②低温期と高温期の体温差
③低温期と高温期の日数
④体温の移行の日数
 
などを確認しています。
 
 
☆正常な基礎体温は
 
・低温期と高温期の差が0.3℃~0.5℃ある
・高温期が12日~14日続く
・低温から高温へ1日~2日以内に移行する  という3つの条件が揃っています。
 
 
問診をしながら、基礎体温表を参考に体の状態を把握し、漢方薬を選んでいきます。
 
基礎体温表はあくまで参考ですが、体の状態を知るにはとても頼りになります。
よほどのことがなければ、基礎体温をつけていただいた方が参考になります!

漢方での子宝相談

漢方での体質改善や、子宝相談について気になっている方は多いと思います。
ですが、漢方相談なんてなんとなく未知の世界。
漢方相談がどういった風にされるのか、簡単に流れを書いておきますね。
 
当店は初回の方にはカルテを作るための簡単なアンケートをご記入いただいています。
記入後、他のお客様を気にすることがないよう、相談部屋へご案内させていただき、そこでじっくりお話を伺います。
 
相談で伺うお話は多岐にわたり、
・現在の体調
・今の生理の状況(周期、痛みなど)
・食事や睡眠など生活習慣に関わること
・治療中の方は現在の治療について
などです。
 
そんなこと、関係あるの?と思われることもお伺いすることがありますが、実は体調や体質を把握するのに関係があることなのです。
 
体質が把握できたら、それに合わせた漢方薬の提案と食事や生活習慣の注意点を伝えさせていただきます。
 
当店では煎じ薬は扱っておらず、シロップやペースト、顆粒、丸剤(粒のもの)を組み合わせてお渡ししています。
年齢・体質・体調にもよりますが、金額は1日200円~1500円ほど。金額に幅があるのはご容赦ください。
ご予算がありましたら、それに合わせた漢方薬の提案もできますので遠慮なくお知らせください。
 
現在、相談員1人でしております。
漢方相談のスケジュールは
月曜日~金曜日 14時半~19時(初回は18時頃までにご来局くださいね)
研修等で不在にしていることもありますので、事前のご予約をお勧めしています。
 
初回は1時間程度かかりますので、時間に余裕をもってお越しください。2回目以降は20分~30分程度です。
 
事前のご予約は095-824-0948へどうぞ。
「漢方相談」と伝えていただけたらスムーズです。
 
子宝相談以外にも、生理痛・生理不順や、体質改善や皮膚(アトピーやにきび)のご相談もしております。
気になる方は一度ご来局くださいませ。

正しい生理

毎月煩わしく感じる方も多いでしょうが、生理は女性にとって健康のバロメーターです。
 
生理に関する不調が不妊症の要因になることもあるので、
生理前や生理中の不調を放っておくのはとても危険。
何か不調がある方は早めに改善しましょう。
 
〇周期と日数
生理周期は28日前後が正常。
多少早まったり、遅れたりなどしても一定の周期ならば問題ありません。
周期がバラバラな場合は良くありません。
出血の日数は5~7日。ダラダラと茶色いおりもののような出血が続いたり、2~3日で終わってしまうのも問題あり。
 
〇生理痛
中医学では生理痛は『ない』のが当たり前。
下腹部や腰が重だるい程度なら問題ないですが、薬を飲まないと耐えられない痛みは体からのSOSのサインです。
鎮痛薬ばかりに頼っていても子宮内の状態は改善されません。
 
〇経血の色・量・塊
経血の色は鮮やかな赤で粘り気がなく、塊もないのが正常です。
色が赤黒い、塊があるのが普通と思っている方が多いので要注意です。
量は昼間に夜用でないとすぐに漏れてしまう、昼用でも1時間ごとの交換が必要なのは多いと考えます。
 
人と比べることのできない生理ですが、正しい生理を理解し煩わしいと感じている生理を快適に過ごしましょう。
気になることがありましたら、ぜひ一度ご相談を。
有限会社フジ調剤薬局
〒850-0035
長崎県長崎市元船町12番11号
TEL.095-824-0948
FAX.095-824-0949
1.調剤
2.在宅医療
3.漢方相談
4.健康相談
5.セミナー企画開催
TOPへ戻る