本文へ移動

食養生

冬には黒い食べものを

漢方ではそれぞれの季節に色があり、
冬の色は「黒」となっています。
 
色以外にも冬に関りの深いものがあり、
例えば五臓でいうなら「腎」です。
 
腎は人の土台となるようなところ。
腎は生長やホルモンを司り、腰、膝、骨、歯、耳に繋がります。
腎が弱ると
腰が曲がり、膝が痛み、骨がもろくなり、歯が抜け、耳が遠くなります(耳鳴りがする方も。)。
 
つまり腎が弱くなる=老化する ということ。
 
また、腎を弱らせる大きな要因は”冷え”
とくに下半身の冷えは腎に大きな負担をかけます。
腰から下を冷やさず、お風呂でゆっくり温まってくださいね。
 
その腎を強化する食べ物が黒いもの!そして鹹味(塩辛い味)!
 
寒さに弱い腎を補強するべく、冬には黒い食べ物を積極的に取ることが大事なんです。
 
黒いものと言えば、
黒豆、黒ゴマ、黒米、黒きくらげ、のり、昆布、牡蠣、海老、くらげ 
→ざっくり言うと 黒いもの と 海産物 です。
 
昆布やかつお、いりこで出汁を取った味噌汁や、鍋でもOK!
魚を食べる、いろんなものに黒ゴマを振りかける、
ご飯を食べるときは海苔を巻く
 
こんなことでも大丈夫!
冬は積極的に黒い食材と鹹味を摂ってみてください。

ヨーグルトで腸活?

最近はやりのヨーグルト。
抗アレルギー効果があるとか、腸内環境が整うなどの理由で様々なものが出ていますね。
 
腸内細菌について少しだけ。
腸内細菌は100兆~1000兆個存在しています。
 
実は、お腹にいるときは腸内細菌なんて1個もいないんです。
最初の腸内細菌の獲得は、お母さんの産道を通るとき。
このときに必要な細菌をお母さんからもらうのです。
 
外の環境と接触したり、母乳をもらったり、いろんな人に抱っこしてもらったり…
 
さまざまな経路で微生物が感染し、腸内細菌や皮膚、気管支粘膜などの常在菌となります。
 
腸内細菌は
善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7
 
日和見菌は普段はどっちつかずの菌ですが、勢力が大きい方に流されます。
お肉ばっかり食べて、悪玉菌が多くなると、日和見菌も悪玉菌に加勢して腸内環境は悪くなり
ガスは臭くなります。
 
さて、腸内細菌ですが冒頭でもお話ししたように100兆~1000兆個。
腸管内にひしめき合って存在しています。
 
最近人気のヨーグルトの中には乳酸菌が40億個、100億個と入ったものがありますが、
100億入っていたところで、腸内に100兆個の腸内細菌が存在していればたった0.1%にすぎません。
 
これでは腸内環境を変えるには少なすぎますね。
 
ある乳酸菌メーカー(ヨーグルトの会社ではない)の話では、
腸内環境に影響を与えるほどのヨーグルトを摂るには
1日ドラム缶1本のヨーグルトを毎日食べなければいけないと言っているところもあるようです。
 
んーーーーーーー。。無理。
 
日本人の腸内環境を変えるには、やはり日本古来のものが一番。
何百年も前から使っている醤油樽や、味噌樽にはたくさんの菌が住み着いています。
それは日本の風土に合った菌。つまり日本で育った私たちの腸内にも住み着きやすい菌です。
 
腸内環境を考えるのなら、まずは和食中心の食事に変えることをお勧めします。

風邪の引き始めに「生姜」!?

風邪っぽいけど、薬を飲むほどではないとき「生姜湯」を飲んだり
なにかと「生姜」を意識することはありませんか?
 
たしかにある意味では風邪の引き始めに生姜を摂ることは正しいですが
すべての風邪に有効なわけではありません。
 
風邪の引き始めの症状は、大きく分けて
・寒気がする、首筋や肩が凝る
・のどの痛み、熱っぽい
の2種類に分けることができます。
 
生姜は体を温め、気血の流れを良くして風邪を追い払います。
そうすることで外から体に侵入してきたウィルスなど(邪気)を発散させる働きがあります。
 
身体を温めることで、風邪を追い払うため
寒さよっておこる悪寒や、首や肩のこわばりに効果があるのです。
 
また、胃を温めて吐き気を抑える作用もあるので
胃が冷えて吐き気がするときにはおすすめの食材です。
(つわりにもいいですよ)
 
しかし、喉の痛みが強かったり、高熱が出ているときには
身体を温める生姜は、熱を助長してしまう恐れがあるため
あまりおすすめしません。
ほかにも、汗をかきやすく、疲れやすいタイプの方は
汗をかきすぎる恐れがあり、体力の消耗につながる可能性もあります。
 
”ゾクゾク寒気のする風邪の引き始め”には生姜はおすすめ。
悪寒がある間だけ使用するのがいいですね。
 
黒糖+はちみつ+しょうが は風邪の引き始めにピッタリの飲み物です。
 
有限会社フジ調剤薬局
〒850-0035
長崎県長崎市元船町12番11号
TEL.095-824-0948
FAX.095-824-0949
1.調剤
2.在宅医療
3.漢方相談
4.健康相談
5.セミナー企画開催
TOPへ戻る