本文へ移動

食養生

秋の乾燥対策

乾燥と言えば「冬」と感じる方も多いですが、
漢方では乾燥の季節といえば「秋」なんです。
 
この時季は空気が乾燥し、空咳やのどのイガイガ感といった不調に悩まされやすくなります。
 
漢方ではこうした呼吸器系のトラブルは「肺」がダメージを受けているサインと考えます。
「肺」はのどや鼻の状態と深く関わるところで、潤いを好み、乾燥に弱いことが特徴。
そのため、空気が乾燥する秋には肺の働きが落ちやすく、コンコンと乾いた咳が出やすくなるのです。
 
「肺」はのど、鼻、気管支などの呼吸器系以外にも、肌、腸とも深い関りがあります。
 
のどや鼻の乾燥、口の渇き、肌の乾燥・かゆみ、便秘といった症状を感じたら
肺の乾燥が進んでいるサインと考えて早めの対処を心がけてください。
 
空咳はそれほど重い症状ではありませんが、長引くと睡眠不足や、体力の消耗を招き、全身の不調につながる心配も。
 
秋の乾燥におすすめの食材は潤わせるもの。
乾燥しがちな肺を潤し、働きを強くすることが大事。
 
梨、りんご、柿、ゆり根、まつの実、ごま、白きくらげ、豆腐、豆乳、はちみつ、豚肉などがおすすめ。
 
有限会社フジ調剤薬局
〒850-0035
長崎県長崎市元船町12番11号
TEL.095-824-0948
FAX.095-824-0949
1.調剤
2.在宅医療
3.漢方相談
4.健康相談
5.セミナー企画開催
TOPへ戻る